借金が返せないとき

借金をしたものの、どうしても返せないとなったとき、どうすればいいのしょうか?

これからカードローンや消費者金融などで借金をしようとしている方にはあまりしたくない想像でしょうが、実際に借りたお金を返せなくなってしまうという人は不幸にして一定数います。このような想定をした場合、「自己破産」というキーワードが浮かぶ方は多いでしょう。自己破産をしたとき、借金はたしかに帳消しになりますが、その後、長い年月に渡って新たな借金ができなくなるなど、非常に大きなリスクを背負うことになります。

まずは無料の相談窓口や相談会などを通じて専門家に相談しましょう。そして自己破産をするしかないという状況を待つことなく、もっと前の段階から打てる対策もあります。そのひとつが「任意整理」というものです。

この任意整理は借金を返せないとなった際に債権者との交渉によって借金の減額や支払期間の猶予をしてもらうという方法です。そしてそれよりさらに進んだ段階では簡易裁判所に訴え、調停委員の仲裁によって任意整理と同じような処置を債権者に求める、というものがあります。これは「特定調停」と呼ばれます。この方法であれ、任意整理であれ、それほど借金の額か多くないというのがその条件です。民事再生という方法もあり、これは任意整理も特定調停もできないという、一歩進んだ状況に陥った方がとる方法です。この場合、住宅や車などの差し押さえは免れることができます。



◎管理人推奨サイト
借入の翌日から一週間は無金利で利用ができる消費者金融です → → 消費者金融 無金利